オバマ大統領の政策

オバマ大統領の政策

オバマ氏がなるべく積極的に取り入れている政策の1つに、IT関連の政策が挙げられる。
彼自身若く、ITに対して巨大な待望と更なる可能性を抱いているのは想像に難くないのである。
また、他の候補と差をつけるうえで、若年層の取り込みは必須である。
そして、この層が一番注視するのは、ITだろう。
よって、オバマ氏がITに力を注ぐのは、必然と云える。

 

オバマ氏の唱えるIT政策は、異例と云える。
まず、立案を依頼した相手が、民間人である知人と云う点から、既に異例である。
普通はロビイストや業界の大物が、政府内の釣り合いを考慮したうえで決定させていくところを、こういった点と無関係な人間がどんどん新しいものを積み上げていく、と云うのがオバマ氏の狙いものである。
これに拠って、これまでとはあたかもちがう政策が誕生した。

 

オバマ氏のIT政策は途方もなく実用的かつ建設的である。
まず、インターネットの更なる普及を照準を合わせている。
情報のオープン化を図り、今までのシステムを排除する方向で話を進めているようである。

 

これ以外方で、有害情報のシャットアウト、プライバシー侵害の是正等、現状ネット社会で大きな問題として取り上げられている件にかんしても、なるべく積極的な改善を図ろうと云う姿勢やポーズがみられる。

 

オバマ氏のIT関連の政策にかんしては、若年層の凄まじいまでの支持を集めている。
こういう点を取ってみても、彼がいかに政治家として優れているかが理解できる。
何をどうすれば支持されるのかをガッツリ把握しているから出きる事である。

 

気になる話題の調査報告

page top