赤ちゃんの便秘

赤ちゃんの便秘

子供よりも更に小さい赤ちゃんの便秘にかんしてはどうしたら良いと考慮されるか。
そもそも赤ちゃんが便秘と云うのは何日くらい便を排泄していないとそう決断するのだろうか。
赤ちゃんによるが、通常2,3日排便していなくても赤ちゃんが元気で機嫌よく過ごしていれば大丈夫である。
しかしながら、4,5日目となって親のほうがだんだん懸念になってくるようであれば、刺激してあげるといいとおもわれる。
まず初めはお腹を軽くおしたりさすってマッサージをしてあげる。
それでもだめなら次に綿棒にベビーオイル等をつけて肛門に軽く綿棒を挿入して刺激する。
あまりやりすぎないようにすべきだろう。

 

赤ちゃんの便秘が生じる原因の大半は水分不足によるものだそうである。
水分補給は白湯や糖水、お茶やベビー用のジュース等がいいのである。
完璧母乳でミルクをあたえているケースの場合は、お母様の食生活にかんしても改善してみるべきだ。

 

これ以外にも赤ちゃんの生活リズムの改善も必要である。
朝は決定した時間に毎日おきるようにする。
お散歩に行って体を移動させるようにする。
お風呂に入ってお腹を温めて体を息抜きさせてあげる。
おっぱいやミルクは継続的にあげるようにする。
食事の釣り合いも考慮してあげるようにする。
夜の就寝時間も決定した時間に毎日寝かすようにする。

 

1つ注意しなければならないのは、乳幼児期からずっと便秘がつづく赤ちゃんにかんしては病気の可能性もある。
腸がぜん動運動をする事ができずに腸から肛門に便を送る事ができずに腸閉塞の症状を起こしてしまうのである。
あまりにつづいて懸念なケースの場合は、1度専門医に対談じてみるといいとおもわれる。

page top