<花粉症の食事治療>体質改善反応

<花粉症の食事治療>体質改善反応

アレルギーや花粉症、もしくは慢性病の予防等に食事治療による体質改善は適切的な手段である。
しかし食事治療を試みても体質改善の結果が上手く得られずに途中でやめてしまった人も少なくないとおもわれる。
それは体質改善の反応にかんして知らなかったせいでもあるとおもわれる。

 

食生活を改善し、今までの釣り合い悪い食事から穀菜食の食事に換えたケースの場合、早い人で1週間くらい、遅い人で数ヶ月後に体質改善反応が閲覧できる。
これは今までの食生活でつくり上げられた悪い体質が、食事治療に拠って改善されてきた事を示すものである。
体質改善にはそのプロセスが在り、体内の悪い毒素を排出してくれる反応時期と云うものがある。
この反応時期には良い兆候のときと悪い兆候のときが在り、この時期をくりかえして少しずつ反応の波が小さくなっていくのが一般的である。
であるから悪い兆候の時期にもうだめだとあきらめてしまうと、食事治療を挫折してしまうのである。

 

しかしこの悪い兆候の時期が今までたまった体内の毒素を排出している時期な為、大事な時期であるためである。
毒素がでるとこの時期体には悪い兆候が生じる。
例を挙げると花粉症等のアレルギー体質の人には、目やにや発疹、口内炎等の症状が現れる。
長期間リウマチ等慢性病に苦しん出きた人はその古傷が痛む事がある。
人に拠っておのおの現れる症状は異なる。
しかしこれらの症状が体質改善を成就させるプロセスの1つである事を把握しなければならない。
体内の毒素が全てできってしまえば体も落ち着いて体調も治る為、この時期に薬を飲んで症状を抑制したり、食事治療を中止してしまったりしないようにすべきだろう。

 

体重が消耗してしまう人もいるとおもわれる。
これは栄養が足らないためではなく、今まで肉類や卵等の摂取に拠って体内にたまっていた毒素を穀菜食に換えて排出出きたため体重が消耗するのである。
決して栄養が足らない訳でもなく、むしろ抵抗力や体力がついて丈夫な体つくりが可能に成る。
食事治療に拠って体質改善をするには、どれほど徹底して出きるかにかかってると云う事である。

page top