コンタクトレンズケアの基本中の基本

コンタクトレンズケアの基本中の基本

コンタクトレンズは小さく、薄く、実にデリケートなものである。であるから取り扱いには細心の注意が必須事項だ。
破損したり、紛失したりしないように扱おう。
まず、清潔で落としても見つかりやすいところで取り扱おう。
洗面所などで実践することが多いだろうけれども、物が雑然としていては落としたときに探し求めにくくなる。
初めはシンクに栓をして流してしまわないようにすべきだ。

 

爪は短く丸く切っておこう。女性で多いものであるが、爪の長い人はレンズ破損や汚染の原因になる。
比較すると、ソフトレンズはより柔らかいので破れてしまう。

 

レンズを取り扱う前には、絶対に石鹸で手を洗おう!水で流しただけでは汚れはとれていない。
外すときに洗わない人が多いので、注意すべきだ。

 

化粧はレンズを装着してから行おう。装着前に化粧をすると、どうしても手指に石鹸では落ちきれない汚れが残る。
レンズにその汚れが付着してしまうので、やめよう。

 

目の周りの化粧はなるべくやめよう。近頃はアイメイクが基本中の基本であるから、むずかしいかもしれないが、これもレンズの劣化を早める要因となる。
やや汚れやすいのがアイラインとマスカラ。要注意である。

 

装用前、外した後にレンズを確認すべきだ。ふちが欠けていたり、破れていたり、何時もと異なることがあれば早めに眼科を受診すべきだ。
正しくケアをして、コンタクトレンズをちょっとでも良い状態で用いるように心がけたいものだ。

page top