予防医学と目の疲労感に関して

予防医学と目の疲労感に関して

皆さんは携帯電話やパソコンを一日どれくらい用いているか?
仕事でパソコンを用いる人の中には、一日の4分の1程の時間をパソコンの画面を見て過ごしている人もいるのだろう。
また携帯電話のちっぽけな画面とにらめっこしてメールを打った後、顔を上げると目がしょぼしょぼしてピントが合わない、という経験をしたことのある人もいるのではないだろうか。

 

現代人は疲労を感じる目の危険度をたくさん背負っている。
仕事や日々の生活に必須なことなので仕方ないが、同じ画面をじっと見ることを継続しているとまばたきの回数が減少し、ドライアイを生じてしまう。
ドライアイの症状は、目の疲労感を更に強めてしまう。
また、目がつかれたまま酷使し継続すると、肩こりや頭痛、吐き気、食欲不振などの全身症状を生じてしまうことも有る。
予防医学の観点から、こうした全身症状が出る前に目の疲労感は治しておきたいものである。
物がかすんで見えたり、目の奥のほうに痛みを実感するという疲労を感じる目の症状は、軽いうちに目を休ませれば回復する。

 

また、眼鏡やコンタクトレンズを活用している人は、用いているうちに視力と度数が合わなくなってきて、それが疲労を感じる目を生じていることも有る。
継続的に眼科を受診し、眼鏡やコンタクトレンズの調整をすることをおススメする。

 

予防医学の非常な大事性が改めて認識されている世の中である。
たかが目の疲労感、と思わず、全身症状を招く前に急がずゆっくりと目を休ませてあげて、大きな病気に進まないよう予防に努めて欲しい。

page top