不眠症に成るきっかけ

不眠症に成るきっかけ

不眠症と云うのは、少しばかりのきっかけでなる可能性がある。

 

ある人が不眠症で苦しんでいて、不眠症の原因はストレスと云う心理的負荷なのじゃないかとおもっていたけど、よくよく考慮してみたら不規則な生活リズムに原因があるのじゃないかと判明したそうである。

 

どういう事かと云うと、例を挙げると普通のサラリーマンが、一定時期仕事が忙しくなり、徹夜なんて事になったとする。やっと仕事が完了して家に帰り、朝方さぁ寝ようとおもってもなかなかどうして寝付けない状態になる。
体は眠いはずなのに、何時もはおきている時間だから脳はおきている。だから眠れないと云う感じになってくるようである。
であるからよく「結局夜までおきていて普通に就寝したよ」なんて言葉を聴くのもこういった状況に成るからじゃないかとおもわれる。

 

かと云って起きつづけたからと云って何かやっても頭に入らないとはおもうのであるが。

 

こういった具合に少しばかりのきっかけで不眠になる可能性がある。この状態を放置しておくと不眠症の症状が進んでしまって改善も難しくなるケースの場合がある為、少しばかりの試行錯誤から改善していくようにするところから始めてみてはどうだろうか?

 

まず自身が不眠症かな?って自身で実感した時、とりあえず目を閉じるようにしよう。
現実には眠れないかも知れないが、眠れなくても、体だけでも横にして休めるようにすると疲労がずいぶん静まるのじゃないだろうか。それだけでも気持ち的に大分ちがってくるとおもわれる。

page top